/ Studio One

Studio Oneの使い方

みんみとふわり

Studio One 及び Studio One Prime(無料版)の使い方をご紹介します。

【最終更新日:2020年1月16日】

Studio Oneの使い方

Studio One Primeの導入方法

PreSonus(プリソーナス)アカウントを新規作成する方法

まずはStudio Oneの開発元である「PreSonus(プリソーナス)」のアカウントを作成する必要があります。

→ 記事を読む

Studio One Primeをインストールする方法

「PreSonus(プリソーナス)」のアカウントを作成したら、 PreSonusのショップよりStudio One Primeのインストーラーを入手し、インストールを行います。

→ 記事を読む

Studio One Primeの初期設定

インストールが済んだら、いくつかの初期設定を済ませて、使用する準備としてはひとまず完了です。

→ 記事を読む

Studio Oneの基本的な使い方

新規ソングの作成とソング設定の変更

Studio Oneではファイルのことを「ソング(拡張子:.song)」と呼び、新しい曲を作り始める際には、まず初めにソングファイルをを作成する必要があります。

→記事を読む

インストゥルメントトラックの使い方

新規ソングを作成したら、まずは「インストゥルメントトラック」を追加して音を出してみましょう。

→記事を読む

MIDIの入力・録音

インストゥルメンタルトラックから音を出すことが出来たら、続いては録音して聞いてみましょう。インストゥルメンタルトラックでの録音は「MIDI」と呼ばれるデータを記録することで行います。

→記事を読む


- 続きは現在準備中です-

トップへ戻る