/ Studio One

Studio One Primeの初期設定

みんみとふわり

Studio One Primeの導入方法、第3弾です。

Studio One Primeのインストールが済んだら、いくつかの初期設定を済ませて、使用する準備としてはひとまず完了、ということになります。

この記事では、わたしがStudio One Primeの初期設定をした際の手順をご紹介します。

■Studio One Primeのインストールが済んでいない方:Studio One Primeをインストールする方法

【2019年4月末日の情報ですのでご留意ください】

Studio One Primeの初期設定

わたしは、以下のような流れでStudio One Primeの初期設定を行いました。

Studio One Primeをアクティベートする

インストール終了後、デスクトップにショートカットが作成されているはずですので、ダブルクリックしてStudio One Primeを立ち上げましょう。

Studio One ショートカット

ショートカットがなければ、直接exeファイルから立ち上げてもOKです。

Studio One Primeが立ち上がると、初めに使用許諾契約画面が出現しますので、よく読んで「同意する」をクリック。

Studio One エンドユーザー使用許諾契約
「同意」します

お次はログイン画面。

「Studio OneはPreSonusアカウントにアクセスする必要があります。」とのことですので、そのように。

PreSonus ログイン画面
メールアドレスとパスワードでログイン

ログインが済むと、Studio Oneのアクティベート画面に切り替わります。

Studio One アクティベーション画面
もう少しで使えるようになりますよ

「Stutio One Primeを実行 – 機能制限付き無償版」を選択して、その下の「Studio One Primeをアクティベート」ボタンをクリック。

Studio One アクティベーション完了画面
アクティベート、完了!

以上で、Studio One Primeのアクティベートは完了です。

お品書きに戻る

追加コンテンツをインストールする

この時点で、ひとまずStudio One Primeは使用可能になっているはずですが、時間に余裕のある方は、引き続き「追加コンテンツ(ループ、サンプル、サードパーティ製プラグインなど)」のインストールを済ませておくと、何かと便利だと思います。

Studio One Primeのアクティベート終了後、画面は自動的に追加コンテンツのインストール画面へと進んでいきます。

追加コンテンツインストール画面
続いて、追加コンテンツのインストールへと進む

内容を確認の上、画面右下「インストール」をクリックして、追加コンテンツのインストールを開始しましょう。

追加コンテンツインストール中画面
追加コンテンツ インストール中…

追加コンテンツインストール終了画面
終了。案外時間がかかった。

ウインドウのアナウンスの通り、インストールした追加コンテンツは、Studio Oneの次回起動以降に使用できるようになります。

わたしもこの時点でインストールを済ませてしまいましたが、インストールが終了するまでに意外と時間がかかりました。

そのつもりでどうぞ。

お品書きに戻る

各デバイスの確認

最後に、使用する各デバイスの確認をして、初期設定は終了です。

オーディオデバイスの設定

一つ目はオーディオデバイス(オーディオインターフェイス) の確認です。

Studio One Primeのスタート画面をご覧ください。

Studio One スタート画面
Studio One Primeスタート画面

画面下部「設定」の欄に、現在ご使用のオーディオデバイスが表示されていますでしょうか。

オーディオデバイスの設定
この部分です

わたしはFocusriteのオーディオデバイスを使用しており、この時点で自動的に検出され、設定が済んだ状態になっていました。

もしもご使用のオーディオデバイスが表示されていない場合は、わたしの画面でいう「Focusrite USB」表示部分か、「オーディオデバイスを設定…」部分をクリックして設定画面を開き、任意のデバイスを選択しましょう。

オーディオデバイスの設定
設定画面から任意のデバイスを選択

オーディオデバイスの一覧に使用中のデバイス名が表示されていない、という場合、そもそもオーディオインターフェイスとPCとの接続に問題がある可能性があります。

ご使用のオーディオデバイスのマニュアルを確認してみてください。

お品書きに戻る

MIDIキーボードの設定

わたしは作曲にMIDIキーボードを使用していますので、使用できるように設定しておく必要があります。

先ほどと同様、スタート画面の「設定」より「外部デバイスを設定…」をクリック。

オーディオデバイスの設定
今度は「外部デバイスを設定…」をクリック

外部デバイスの設定ウインドウが開きます。

外部デバイスの設定
外部デバイス設定ウインドウ

現状は何も設定されておらず、空の状態が表示されています。

そこで、ウインドウ左下の「追加」ボタンをクリック。以下のような「デバイスの追加」画面を開きます。

外部デバイスの設定

デバイスモデルは「新規キーボード」に。製造元、デバイス名はそれぞれわたしが使用しているMIDIキーボードに合わせて入力しました。

受信元はA-SeriesKeyboard(わたしの使用しているキーボードものです)を選択。[エミュレート済み]と表記があるものと、そうでないものとありましたが、よくわからないので[エミュレート済み]という表記のほうを選択しておきました。

「フィルター」項では使わない機能のフィルタリングもできるようです。MIDI信号を他デバイスにも送りたい場合は「送信先」を、適宜設定しましょう。

設定が済んだら、ウインドウ下の「OK」をクリック。

外部デバイスの設定
MIDIキーボードが外部デバイスとして追加された

これでMIDIキーボード「Roland A-49」を使用する準備ができました。

以上で、Studio One Primeの初期設定は終了です。

お品書きに戻る

トップへ戻る