/ Studio One

ステップ録音のやり方

みんみとふわり

Studio Oneでの、MIDIデータをワンステップ毎に入力する「ステップ録音」のやり方についてご紹介します。

ノートをワンステップずつ正確に入力!ステップ録音のやり方

録音されるタイミングに人間的な振れ幅があるリアルタイム録音と異なり、ステップ録音では一つ一つのノートが正確なタイミングで録音されます。

「デジタルで機械的なフレーズ」に向いている録音方法と言えるかもしれません。

ステップ録音を始める前の準備

ステップ録音を開始するには、録音したいトラックを右クリック→「トラックを編集」をクリックし、対象となるトラックのエディターを開きます。

Studio One 「トラックを編集」をクリック
「トラックを編集」をクリックしてエディターを開く

エディターが開いたら、エディターツールバーの「ステップ録音ボタン」をクリックし、ステップ録音ツールバーを表示しましょう。

Studio One「ステップ録音ボタン」で
「ステップ録音ボタン」で

Studio One ステップ録音ツールバーを表示
ステップ録音ツールバーを表示

ステップ録音ツールバー 各部の説明

ステップ録音ツールバー各部の役割は以下の通りです。

Studio One ステップ録音ツールバー
  • 有効化 クリックしてオンにするとステップ録音モードが有効になります。オンの状態でMIDIキーボードなどを演奏すると、以下の項目で設定した「ステップ長さ」に基づいて段階的にMIDIノートが記録されていきます。
  • Qに従う オンにして有効化すると、ステップ長さの設定がクオンタイズの値にリンクされます。
  • ステップ長さ ステップ録音一回につき進んでいくステップの長さを設定します。例えば8分音符に設定してステップ録音を開始すると、キーボードで音を鳴らす度にその音高が8分音符として記録され、カーソルも同じく8分音符分先に進むわけです。
  • 戻る ワンステップ手前に戻ります
  • 休符 次のステップを休符として扱い、何も入力せずカーソルを進ませます。進む長さはもちろん「ステップ長さ」で設定した通りです。

実際にステップ録音してみよう

ここまでの設定が済んだら、実際にステップ録音してみましょう。

まずはカーソルを、録音を開始したい地点に移動して。

Studio One 時間ルーラーを左クリックしてカーソルを移動
時間ルーラーを左クリックしてカーソルを移動

そうしたらキーボードで音を出してみます。

Studio One ステップ録音 ノートが記録された
出した音が記録された

ステップ録音が有効化されていれば、キーボードで弾いた音が記録されているはず。

画像の例ではステップ長さを「8分音符」に設定して「C2(ドの音)」を弾きました。ドの音が8分音符で記録され、カーソルがその分先に移動しましたね。

続いてD#を弾いてみます。

Studio One ステップ録音 D#が記録された
D#が記録された

D#が入力され、カーソルが新たに8分音符分先に移動しました。

以上を繰り返してワンステップずつノートを入力していく方法が「ステップ録音」です。

♪ステップ録音で適当に♪

「今弾いているキーを離すまで」がワンステップ扱いになるので、 上記音源の最後の様にコードを入力することも可能です。

また、ステップ入力が済んだら必ず「有効化」をオフにしておきましょう。

これを忘れていると、気なしに弾いたフレーズが全部記録されてしまい面倒なことになりますゆえ(経験済み)。



以上、ステップ入力のやり方についてご紹介しました。

トップへ戻る