/ Studio One

リアルタイム録音とクオンタイズ【基本編】

みんみとふわり

Studio Oneでの「リアルタイム録音」と「クオンタイズ」の最も基本点的な使い方をご紹介します。

リアルタイム録音とクオンタイズ【基本編】

リアルタイム録音【基本編】

始めに、録音したいトラックの録音ボタンを押して、録音待機状態にします。

カーソルは録音を開始したい位置に移動させておきましょう。

Studio One  録音待機状態
赤く点灯すればOK
Studio One  時間ルーラーを左クリックしてカーソルを移動
時間ルーラーを左クリックしてカーソルを移動

後は、画面下部トランスポート部の録音開始ボタンを押せば録音開始です。

Studio One  
録音開始ボタンを押すと

Studio One  設定したカーソル位置から録音開始
設定したカーソル位置から録音が開始される

Studio One  キーボードを弾いた通りにMIDIデータが記録された
キーボードを弾いた通りにMIDIデータが記録された

♪165BPMで適当に弾いてみた♪

クオンタイズ【基本編】

先ほどの音源、聞いていただいた通りリズムがずれていますね。

上手に弾ける方にとってはこういったズレこそが、いわゆる「グルーヴ感」になったりしますが、わたしの場合は下手なだけなので何とかしなくてはいけません。

録音したノートをもっとよく確認するために、エディターを開いてみましょう。エディターを開くには、編集したいイベント(トラックに配置されている音のかたまり・パート)をダブルクリックします。

Studio One  イベントをダブルクリックする 
イベントをダブルクリックするか
Studio One  メニューバー「表示」から、もしくは「F2」キーでもOK
メニューバー「表示」→「エディター」、もしくは「F2」キーでもOK

Studio One  エディターが開いた
エディターが開いた

ノートの始まりが、拍の頭から前後にズレているのがお分かりかと思います。

早速クオンタイズでノートのタイミングを直してみましょう。

まずはタイミングを合わせる拍を決めます。

編集画面上部「クオンタイズ」と書かれているプルダウンをクリック。タイミングを合わせる基準となる拍を適宜設定します。

Studio One  クオンタイズ 今回は八分音符を選択
今回は8分音符を選択

そうしたらメニューバー「イベント」→クオンタイズ→と進んで、クオンタイズをクリック。または、ショートカットキーとしてキーボード「Q」キーでもOKです。こっちの方が簡単ですよね。

Studio One  
ショートカットキー「Q」一発でもOK

これで各ノートが、一番近い8分音符の位置に整列します。

Studio One  クオンタイズ後
キレイに並んだ

♪165BPMで適当に弾いてみた クオンタイズ後♪




以上、リアルタイム録音とクオンタイズの最も基本点的な使い方についてご紹介しました。

トップへ戻る